ピョートル氏(Googleで人材開発)が見る日本人・日本 お直しメモ

SNSで流れてきたページに行って読んでみたら

物凄く刺激的だったので後で励ましてもらえるように自分なりにまとめメモ

 

ここがヘンだよ! 日本人の働き方: 日本の働き方改革が「はっきり言ってダメ」なワケ itmedia

 

 

  • 民泊サービスAirbnb・配車サービスUberなど、競合が気づかぬうちに既存の市場を破壊しイノベーション! 指数関数的に急激な成長して 時価総額10億ドル規模の非上場ベンチャー企業になった。
  • その他  ■3Dプリンタ市場 400倍   ■DNAシークエンシング 1万倍   ■携帯電話 想像もつかない
  • PDCAを猛スピードで回し前向きに失敗を繰り返している。→成長企業
  • ビジネスを変えるは「業務の効率化」「労働時間の短縮」では無く経営そのものを変えること

 

  • メーカーではなくプラットフォーマー(ビジネスなどの基盤を提供)であること
  • 強欲でなく利他的であること
  • クローズドではなくオープンであること
  • 計画に縛られず柔軟であること

 

  • 日本は競合他社に右習えだけ、もっと社員に決定権を持たせ、自由に自己表現できる場作りを優先すべき。
  • 日本人の働きがいや生産性はG7の中で最下位

 

  • 好奇心を持って目の前の仕事に集中するマインド
  • 自分の仕事に興味を持ち、学び、楽しむこと。
  • 好奇心と集中が働き方改革において何より必要。
  • 月曜の朝にワクワクした気持ちで出社できる企業にならなければ、何も変わらない。

 

なるほど。

うまくいった事例はだいたい上記の気質を持った経営者か社員がいるところみたい。

 

最新本はこれ。なんとも刺激的なタイトル「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法」、ワクワクさせますね。