マリと三匹の子犬の村へ行く!山古志の梶金集落には看板と犬小屋があって中にいるのは おお!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マリと三匹の子犬の村の看板が出来たそうで見に行きました。

妙見のメモリアルパークから小千谷市の浦柄を経由して行きます。

 

1、山古志に入って途中の尾根に復興住宅という住宅団地があります、その脇を通ります。

 直ぐ反対側に交番がありますので交番がありますのでよそ見しないように。

 

 

2、古志高原スキー場の看板で右に折れると何とも短いトンネル。

 竹沢隧道:長さ26m 幅8.5m 高さ4.7m 完成2006年8月

 歩いたら40歩前後でした^^

ここを通って行きます。

 

 

3、これが看板です。

直ぐ脇に東竹沢郵便局があります。

書籍 山古志村のマリと三匹の子犬 で描かれた村がここ梶金集落です。

マリとおじいさんはここに住んでいました。

マリが三匹の子犬を生んだ日の夕方に中越地震が起き、おじいさんは救出されましたが

マリと生まれたばかりの子犬は残され16日後に保護されました。

【マリたちと中越地震の年表はこちら】

 

マリの看板の向こう側の山は古志高原スキー場です。

年に数回パウダースノーになるとても良いスキー場。

寒いということなんですけどね。

場所はここです。

 

 

4、犬小屋の中には三匹の子犬とマリが居ます。

この小屋は映画「マリと小犬の物語」に出てきたものに似ています。

 

5、河道閉塞湖

マリの村、梶金の村の下の谷は地震で山が崩れ、川が塞き止められ湖になりました。十数年たっても湖のままです。

 

 

6、梶金付近から先には河道閉塞で沈んだ村が残されていて近くに資料館「郷見庵」も有ります。

 

 

マリと子犬に会いに行ってください。

 

映画がアマゾンでレンタルになっていました。DVDも販売しています。大勢を泣かせた映画、悲しさでなく嬉しい涙がこの映画の特徴、心と身体にとても良い涙です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA