新潟県人が枝豆作付け1位らしいが自分達で食べてしまうので出荷が少ない、を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟県は枝豆の作付面積が日本一だが

みんな自分で食ってしまって出荷量はさほどではないという話が有って調べてみた。

その噂の大元は日経のこの記事

 

「新潟は枝豆どころ 実に40種、半年間ずっと旬」(2014年7月8日)

・・・作付面積も日本一だ。ところが、市場に出回る出荷量ベースでは千葉県や北海道、埼玉県などに負ける。・・・

nikkei

 

スポンサードリンク

 

 

 

で、どのくらい新潟県は出荷しないで自分で食いまくっているんでしょうか。

そんなことって日本の経済でありうるんでしょうか。

出荷しないで自分で食べてしまうなんて。

いつかテレビで観た「ブタを大きく育てて出荷しないで、子豚のうちに自分で食ってしまう南の島の原住民」

「だって美味いもん」

の、世界が新潟に広がっているのかと思いましたが

美味しい食べ方を知っているんですね。

でまあ、突出した新潟の自己消費量の表です。

 

 hyou

(平成20年前後の数値)

 

ちょっとデフォルメされてますが新潟県自己消費し過ぎ。

これは農協とかが掴んでいる数字なのでしょうが

闇枝豆とか隠し畑の枝豆とかアンダーグラウンドの枝豆は含まれていないと思います^^。

続きがいっぱいありますが今日はここまで。

 

スポンサードリンク

 

 

最後にtogetterより

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA