フリースタイル スキークロス ソチ五輪で大爆笑の準決勝、三浦豪太の迷解説と競技紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加


スキークロスって

既にファンがいる人気スポーツ

skic

 

スポンサードリンク

それどころではない、2014年のソチオリンピックでそれは起き、世界中のスキーファンは一気にスキークロスを知った。

私は中継を見ていました。

見る気も無かったけど三浦豪太と実況の掛け合いが面白くて目が離せなくなっていた。

そして迎えた男子準決勝で「それ」は起きた!

とにかく最後のジャンプの直後1・2位がコケ、3位が1位フィニッシュ!

2位までが決勝進出、ここで4位が2に入るのかと思ったら

なんと4位まで転倒!

ゴールラインを3人がコケながらほぼ同時に通過、

それがほとんど同時だったので写真判定に持ち込まれる。

 

と、こういうレースだったが実況アナウンサーと解説?の三浦豪太が面白過ぎた。

その衝撃を集めたtogetterをまず提示します。

 

続いて音声(Youtube)

 

音声だけでもこの競技の魅力がわかると思います。

さてどんな競技なのか

このページ最初のリンク先も詳しいですが

ここではもう一つ図解入りのページを見てみます。

skic2

 

上記ページから引用させてもらいます。

「早く滑る選手の技術がもっとも大切ですが、接触や転倒などのアクシデントにより順位が入れ替わり、技術だけではない要因も相まってスリリングなレースが多く見られます。誰よりも早くゴールした者が勝つ、というルールも単純明快で分かりやすい種目です。」

 

技術プラス運もあるという事、これはどんなスポーツもそうですが、スキークロスは運の割合が大きそうなとこが面白い所かもです。

今シーズンも期待しましょう。

日本人選手も早く上位に来ないかな~~^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA