平泳ぎ金メダルの師弟、渡部香生子選手と竹村吉昭コーチの語録・名言

このエントリーをはてなブックマークに追加


一人で戦う事が主体のテニス、錦織圭もマイケル・チャン コーチと出会い飛躍したようです。

やはり一人で戦う水泳もコーチの果たす役割は高いようです。

アメリカでは経営者にもちゃんとコーチ・アドバイザーがついて考え方・メンタル面等を指導しているような話も聞きます。

もともと、集団で生きてきた人類。 適切に励まされ・指導を受けるのは大切なようです。

「一人では無い」ことが大事なのでしょうか。

渡部香生子選手と竹村吉昭コーチの間にも私たちが参考になる言葉が有るようです。

喜びを伝える「scoopnest.com

kin

 

ネット上で見つかる語録を追いたいと思います。

 

その前に二人の経歴

渡部香生子選手

  • 所属:JSS立石ダイワスイミングスクール(早稲田大学在学中)
  • 生年月 1996年11月
  • 生誕地 東京都葛飾区
  • 2012年 ロンドンオリンピック 200m平泳ぎ14位
  • 2015年 世界水泳 200m個人メドレー2位、200m平泳ぎ優勝

 

竹村吉昭コーチ

  • 生年月 1955年8月
  • 京都府生まれ
  • 大阪体育大学体育学部卒業
  • (株)ジェイエスエス 部長
  • 日本体育協会公認 競泳上級コーチ
  • JSS長岡(新潟県)でシドニー五輪背泳ぎ銀メダリスト中村真衣選手等を育てる。

 

 ネットやツイッター上の名言・語録(要約)

渡部選手: 自分で自分に期待してしまうところがあって。だから自分で自分を落ち着かせようと取り組んでいる。

竹村コーチ: つらい時、しんどい時こそ、笑顔を出そう

竹村コーチ: 練習でうまくいかないときは「できなくてもいいんだ。ただやろうとしようよ」

竹村コーチ: 先ばかりを考えず、1つずつやろう。

竹村コーチ: 考えても仕方ないことは考えない。できることをどうやるか、いいふうに考えた方が得だよ。

竹村コーチ: なぜ大事なのかを理解すれば、今の子たちは一生懸命やってくれます。

 

ツイッター上の経過と名言

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA