8月30日国会周辺デモ、日比谷公園を分析してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

デモの主催者発表30万人とか12万人とか、警察は3万人と発表。

なんという開き

国会前の写真を見ると警察発表が正しいように見える。

demo

一般人の反応は「訴えていることも大幅な水増しなんじゃね?」というもの。

これはまともな人間の反応だと思う。

スポンサードリンク

 

写真を見た限り多くて3万には妥当。

これに対して、反対陣営の人は

「もっと陰にいっぱい人が居たんだから、それを想像できない人はおかしい」

ようなことを言っていましたが、それを証明する写真とかの提示は無し。

後に案内しますが実際に日比谷公園とかに大勢いた様です。

 

学者・法曹関係者が揃い声明まで発して、運動の広報が準備出来ていないという。

なんというおそまつ。

togetterでまとめたものやYoutubeを見る限りかなりの人数が集まったのは間違いなさそうである。

ただ、あの人数でこれだけしかツイートが無い、写真も少ない所を見て

過去のtogetter経験でその要因を考えると

1、年齢構成が高い、若者はほとんどいない。

2、動員された慣れた人だけ(大がかりなデモに興奮して思わず情報アップとかはおきていない。)

togetterの内容を見ると数万人の人がいたにもかかわらず「これだけ?」という少なさです。

 

おそらく1と2の両方でしょう。

で、非常に保守的な人が集まったデモといえるでしょう。

大河ドラマも明治維新を描いているので、おお、これは維新軍 対 幕府軍、ひょっとすると日本は変わるか!

とも思いましたが幕府軍はデモ隊の方でした。あまりにも保守的。

 鎧兜で騎兵隊に立ち向かい逃げまくった幕府軍みたく旗指物・デモグッズで身を固め「参加しましたよ」の体で時間が来れば東京の繁華街に観光に行った方々。

大変なお仕事ご苦労様です。

以下togetter

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA