ラグビーW杯、決勝進出の相手に1点差・2点差で負けた相手南アフリカとスコットランドと同じ組だった日本

このエントリーをはてなブックマークに追加


ラグビーワールドカップ、準決勝まで終わってニュージーランド対オーストラリアの決勝になりました。

日刊スポーツ「ラグビーW杯イングランド大会 決勝トーナメント」

ragubi

スポンサードリンク

 

 

 

で、この2チームが決勝トーナメントで大苦戦した相手が南アフリカとスコットランド

準決勝 ニュージーランド 20 - 18 南アフリカ

準々決勝 オーストラリア 35 - 34 スコットランド

しかもオーストラリアはミスジャッジ認定の試合。

スコットランドが勝っていた可能性が高い。

 

日本のグループリーグはその2チームが居るリーグ。

そこで3勝1敗だったわけで。

運が悪かったというか。

でも、南アフリカもオーストラリアも日本から受けたパッションがあったのかもです。

世界ラグビーに、なんかいいことしたような日本でした。

 

 

POOL B

南アフリカ   勝ち点16 3勝1敗
スコットランド 勝ち点14 3勝1敗
日本      勝ち点12 3勝1敗
サモア    勝ち点 6 1勝3敗
米国      勝ち点 0 0勝4敗

南アフリカ   32 – 34 日本
スコットランド 45 – 10 日本
サモア      5 – 26 日本
米国      18 – 28 日本

 

疲労困憊で戦ったスコットランド戦、その後半の息切れがなんとも残念でした。

負けたとしても同じ条件で戦ってほしかったですね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA