感動の大自然の営み「鮭の遡上」を安全に見学できる全国施設リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

鮭の遡上を手軽に、安全に見学できる施設は何処にあるのか。

冒険を求める人には安全な施設は不要、そのへんの川で見られると思います。

しかし一般の人には簡単に自然に触れ、サケの遡上を見るにはそれなりの安全な施設が望まれます。

下記は新潟県柏崎市の施設ですが、このように安全に遡上が見られる施設が有り、感動の鮭の遡上を見ることができるのです。

P1070580_R

スポンサードリンク

 

調べましたが、やはり北海道に多いですね。

次は新潟県が充実しているようです。

その他は東北に1カ所、関東に1カ所、いずれも堰を利用したもののようです。

 検索を駆使してなんとか見つけたものです。

漏れが有ると思いますが、完全を目指すサイトでは無いので、とりあえずあげてゆきます。

 

北海道

遠音別川サケ・マス遡上観覧施設(北海道斜里郡斜里町真鯉)・・遠音別川を遡るサケやカラフトマスを見学する為に作られた施設で、特に遠音別川は水深が浅い為、8月から10月のシーズン中は川が真っ黒になるほどのサケやカラフトマスの遡上風景が手の届くような距離で見られる。

  01

 

標津サーモン科学館(北海道標津郡標津町北1条西6丁目1番1−1号)・・標津川のウライ(捕獲施設)にかかった橋です。・・シロザケやカラフトマスなどの豪快な遡上の様子が見られます。

  02

 

千歳サケのふるさと館(北海道千歳市花園2丁目312)・・千歳川の水中を直接見ることのできる日本初の施設「水中観察室」があり、四季折々の千歳川の生き物たちを観察することができます。

  03

 

インディアン水車公園(北海道豊浦町字高岡89番地1他)・・貫気別川に溯上する鮭を捕獲するための施設でガラス越しに溯上の様子を観察できます。

  04

 

東北

最上川さみだれ大堰(左岸所在地 山形県東田川郡庄内町大字清川 右岸所在地 山形県酒田市柏谷沢字柏沢)・・さみだれ大堰付近にどのような魚がいるか、魚道の真横に窓をつけ魚の泳ぐ姿を観察できる場所、ここがフィッシュギャラリーとなっています。

 05

 

北信越

イヨボヤ会館(新潟県村上市塩町13-34)・・ウグイ・アユ・トミヨや産卵のために遡上してきたサケなど、季節ごとに移り変わる川の中の様子を観察してみましょう!

越後村上は鮭の町。その他街中に鮭が塩鮭があります。

 06

 

柏崎さけのふるさと公園(新潟県柏崎市大字青海川81-4)・・さけを中心に自然環境や生命の大切さを学習できる施設です。

谷根川(たんねがわ)に通じる人工河川では、さけを真横から観察することが出来ます。

07

・・鮭の命の遡上がまる見えの川、新潟県柏崎市の谷根川は清流のまま日本海、駅から徒歩5分で観察できますよ。

 

関東

利根導水総合事業所(埼玉県行田市)・・『大堰自然の観察室』では、利根大堰に設置している魚道(魚のとおる路)をのぼる魚を見ることができます。
初夏には鮎、秋にはサケが遡上する姿を窓越しに見ることができます。

08

・・利根川に遡上するサケを見る – デイリーポータル Z – nifty

 

 見つかったのは以上です。

きっとほかにもあると思うのですが。

上記が安全にあの感動のサケの遡上を見ることができる施設です。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA