ラグビー、南アフリカが負けたのって優勝したニュージーランドと日本のみ。それも大接戦だった・

このエントリーをはてなブックマークに追加


過去2回優勝していて、今回も優勝候補、それが南アフリカ。

準決勝で優勝したニュージーランドに18対20の超僅差で敗れた。

ラグビーワールドカップ2015

junkessho

 

スポンサードリンク

 

南アフリカは同じく僅差で敗れた試合が有った。

日本戦。

32対34で敗れた。

34点も取られた試合はない。優勝したニュージーランドからは20点しかとられていない。

ニュージーランドが18点以上もとられた試合は南アフリカだけであった。

 togetter編集で、日本でもツイートを吟味した件数では私はトップクラスだと思っています。

で、そこで不適切ツイートを見たことは実は有りません。
せいぜい誤解があるツイート、その程度です。
極論すると〇〇の為まだ情報を流さない、別の解釈で情報を流す、そういうお役所と比べ
民間情報はむしろ信用できます。
厳しいコメント済みません。

 

試合結果です

プール

ニュージーランド 26 – 16 アルゼンチン
ニュージーランド 58 – 14 ナミビア
ニュージーランド 43 – 10 ジョージア
ニュージーランド 47 – 9  トンガ

決勝トーナメント
ニュージーランド 62 – 13 フランス
南アフリカ共和国 23 – 19 ウェールズ

準決勝
ニュージーランド 20 – 18 南アフリカ共和国
決勝
ニュージーランド 34 – 17 オーストラリア

参考
南アフリカ共和国 32 – 34 日 本
南アフリカ共和国 46 – 6  サモア
南アフリカ共和国 34 – 16 スコットランド

南アフリカ共和国 64 – 0  アメリカ合衆国

何が言いたいのかはお分かりだと思います。

日本が勝った相手はとんでもない大物だったんだと。

南アフリカからあのニュージーランドですら20点しか取れない。

でも日本は34点もとってしまった。

凄い話でした。

 

 ご存じの通り、試合終盤の日本がペナルティキックでの同点では無くスクラムを選び勝利を目指したことと合わせ、日本対南アフリカは伝説となたのでした。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA