ネット上から日に日に新聞記事が消えてゆく、既に参照・引用はできないし。新しいメディアも出てきたリスト付

このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞記事を参考資料にして・・・・というふうな時代の終焉なんでしょうか。

「ほらこの3年前の新聞に書いてあるじゃないですか!」

とかって、刑事ドラマに良く出てきたシーン、図書館等で調べた紙の新聞の記事で追及するシーン。

紙新聞は引き続き図書館に保管されているんですが、ネット上に短期間掲載された後はネット上から削除され新聞記事は残されていません。

このネット検索の時代に図書館に行って新聞紙をめくって調べるなどやってられませんし、そんなことやる時点で国家的損失です。世界には通用しません。

過去の記事をネット検索して見つけて引用させてもらうとか、過去の出来事を調べるとかはもう新聞記事では出来なくなりました。

 

・・・・新聞は大事な役割を放棄したのでしょうか?

著作権や権利を最優先にしているようですが、同様の情報なら別のメディアが既に使えますし、新聞が不要になってしまうような動きもどんどん出てきています。

 

スポンサードリンク

 

 

 

1、過去の新聞記事がネット上に無い!に気付いた件

ネット上で何かを調べようとして、大手新聞社の記事が、特に地方紙の記事が見当たらないことに気付いたきっかけは下記です。

「あの三条市の復活した松、自分でも少し係わったのに細かい所は忘れてしまった、どういう経過だったかな」 と、調べようとして
五葉松 南相馬 三条市 で検索しました。

shinbun

検索結果は

  1. 東日本大震災で三条市に避難していた福島県南相馬市の有志が避難所のあった三条市総合福祉センターで記念のゴヨウマツの植樹式と石碑の除幕式 県央地区のWeb新聞
  2. よみがえれ 心の『五葉松』募金 活動の中心になられている佐竹氏によるブログ
  3. 負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !! 南相馬市から三条市に避難された直後から続く佐竹氏のブログ
  4. 第158号 5/28発行 – 週刊 避難者応援情報誌 PDF 三条市サイト
  5. 全ページ試し読み設定に ツイッターのツイート 五葉松関連電子書籍の案内
  6. 南相馬市小高区から三条に避難された方々に松を贈っていただく。 ツイッターのツイート kenoh.com記事の紹介
  7. 南相馬ブログ新聞 – Wiki ブログ新聞(PDF)
  8. 南相馬ブログ新聞 ブログ新聞(PDF)
  9. jmjp.jp 民間サイト (・・・いわゆるコピペかと)
  10. 8月8日(木)のほっと11 | エヌ・シィ・ティ(NCT) 長岡ケーブルテレビ(三条市内にも配信)

新聞社の記事がありません。

2ページ以降5ページまで新聞社等の記事を追ってみます。

・・・ありませんでした。

 

※多くの新聞が記事にされた記憶が有るのですが五葉松に関する新聞記事はネット上に有りませんでした。

 

次に全県を沸かせたビッグニュースはどうなのか調べてみます。

2、新潟県初の冬季五輪銀メダリスト誕生というビッグニュースはどうか

2014年の新潟県内のビッグニュース、村上市の平野歩夢選手が冬季オリンピックで銀メダルを取ったという歴史的なニュース。

平野歩夢 村上市 銀メダル で検索(平野歩夢 銀メダル だけだと全国ニュース過ぎてローカルな情報として見ることはできないので村上市を追加しました)

shinbun2

 

  1. 平野歩夢選手の銀メダル獲得記念紙 – 村上市公式ホームページ 記念紙(PDF)へのリンクページ 行政公式ページ
  2. 平野歩夢選手が銀メダルを獲得しました – 村上市公式ホームページ 銀メダル獲得 行政公式ページ
  3. 平野歩夢 – 村上市  PDF 行政公式ページ
  4. 平野歩夢 – Wikipedia 平野歩夢 – Wikipedia
  5. youtube.com ビデオ KYODO NEWS 【共同通信社】 Youtubeビデオ
  6. 【祝】ソチ五輪日本人初の銀メダル!”平野歩夢”選手の実家が凄かった neverまとめ
  7. チ五輪銀メダル・平野歩夢「俺の町」に凱旋!高校は地元進学「スノボー教えるため」 テレビを見てのレポートサイト
  8. 銀メダルの平野にダブル栄誉賞 地元・新潟県と村上市 スポニチ 全国スポーツ紙のWeb版
  9. ☆スノーボード男子ハーフパイプ銀メダルおめでとう★ 平野歩夢選手の凱旋パレードに熱狂する村上市 ツイッターのまとめサイト

スポーツ紙以外、新聞記事が有りません。

2ページ以降5ページまで新聞社等の記事を追ってみます。

新聞記事が検索上位に来ない事と(人為的では無く真に価値の高い記事を上位にもって来ようとするグーグルアルゴリズムが新聞記事に対して低い地位を与えた、ちょっと残念ですね) 、新潟県の記事なのに地元新潟日報の記事が全く検索に載らない。日刊紙を購読していない将来の人々は過去記事を調べるにあたって新潟県NO1だった新潟日報の存在を知ることはできない。現代でも新潟日報の存在を知らないネット民は多いかと。あの圧倒的な存在感・影響力(新潟日報に載るのが夢!)は自らの戦略により影響力を著しく落としている感じです。

見たい読みたい記事がその存在を隠してる! そりゃしょうがないですね。

 

 3、最近の話題ではどうでしょう

 最近の話題ではどうでしょう、つい2か月前に終わった有名な越後妻有大地の芸術祭の中の「土石流のモニュメント」、このモニュメントは話題になり多くの新聞に記載された記憶が有りますが

検索します。

 検索ワード「土石流のモニュメント

dosekiryu

 

  1. 土石流のモニュメント – 大地の芸術祭の里 大地の芸術祭公式
  2. 土石流のモニュメント – 新潟県 新潟県
  3. 大地の芸術祭2015 土石流がアートに姿を変え、茶碗のような茶室が現れる 日本経済新聞アートビュー
  4. 現代アートが嫌いでもいい。大規模すぎる『大地の芸術祭』ガイド CINRA.NET -シンラ- 音楽・アート・デザイン・映画・演劇のニュースサイト
  5. 地方創生の成功例、大地の芸術祭について知っておきたい基本的なこと ローカルエキスパートによる都市生活者のための東京ベストガイド。情報サイト
  6. 越後妻有アートトリエンナーレ3 「船の家」「土石流のモニュメント」 古墳ブログ
  7. 【終了】大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 建築雑誌 コンフォルト
  8. Instagram photos for tag #土石流のモニュメント | Iconosquare ネット上の写真サービスのタグまとめ
  9. 《大地の芸術祭2015》夏の里山でアートと遊び、食を味わう。 マガジンハウスの雑誌『カーサ ブルータス』編集部が提供するwebマガジン

2ページ目以降に新聞社等の記事が有るかチェック

 

さてここまでで気づいた事

  • 新潟日報の記事が無い
  • 朝日・毎日はたまに記事があるが、会員にならないとみれない記事が多い。
  • 産経は熱心に取り組んでいるが(全部見せてくれるし、長期にわたって残っている)目立たない。しかし、確実に記事が有るのは産経だけなような気がします。(確かMSNと深い関係)
  • スポーツ新聞は特集記事が残っていて上位表示されることもある。
  • 地域Web新聞(県央ドットコム等)とか地域新聞のWeb版とかは記事がネット上に蓄積されており色々と参考になる。
  • 重要な記事については、月刊誌や週刊誌のWebページや、完全なWebマガジンに特集という形で残っていることが多い。
  • 個人ブログや任意団体的なブログがそれぞれの得意分野の記事を残している。
  • まとめ専門サイトは様々なソースを組み合わせ、特集ページを残している。
  • とここまでで、キュレーションの時代がしてきた感じです。様々な媒体が残した記事を引用やまとめで解り易くしている時代なのかもです。

 

で、もう一つの動き「新しいメディア」がすでに始まっている件

4、新潟県内のWeb情報誌

例として新潟県内のWeb情報誌をあげておきます。(Web専門かWebも充実した紙情報誌)

  •  Komachi Web ・・・ ブログ更新頻繁、新潟こまちが提供する新潟県内のグルメからショップ、イベントから観光情報まで、新潟県の総合エリアガイドKomachi Web。
  • にいがたレポ ・・・ にいがたレポは、ライターの「体験」と「主観」でつづる、新潟をもっと楽しくする新潟まちあそびウェブマガジンです。
  • 新潟発!! 地域情報サイト「ミンツ」 ・・・ 新潟の地域情報を全国に発信しています! !
  • ケンオー ドットコム ・・・ 新潟県の三条市と燕市、燕三条を中心とした県央地域のパソコン版と携帯版のニュースサイト
  • ハッピータウン柏崎 ・・・ 柏崎日報の記事と繋がっています。記事は短いが数は多いです。
  • トオカマチウェブ ・・・ 新潟県十日町市の地域ポータルサイト「トオカマチウェブ」。十日町市の暮らし、観光、求人情報、グルメやクチコミをひとまとめ!
  • まつのやま.com  ・・・ 情報数がすごい。 松之山・浦田地域ポータルサイト。
  • 上越タウンジャーナル ・・・ 新潟県・上越の「今」を知ることができるニュースサイト
  • 新潟野球ドットコム ・・・ 更新・情報掲載速度早い! 新潟県に関する野球情報を追いかける「新潟野球ドットコム」のニュース記事サイト

 

 新聞のニュースサイトと似たものはケンオードットコム、トオカマチウェブ、上越タウンジャーナルでしょうか。

「その他」は総合情報、ニュースよりも特集ページ、レポートページという感じでしょうか。

でも、新聞各社が外に出さない様々な情報が、しかも長く詳細な文章で得ることができます。

いち早く知りたい情報はツイッターやフェイスブック等で手に入ります。

過去の情報は上記の新潟県内の更新が多い情報サイトで。

新聞は、半日・1日前の「ニュース」を短期間のみ公表している。ということでしょうか。

一級の記事を隠し続けると新しい情報文化に記事の品質まで抜かれてしまいますよ。

品質の概念はかなり変わりましたし。

がんばれ新聞。

スポンサードリンク

 

 

 

ああああ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA