昔は流罪で佐渡か越後に。 そこで再起。疲れた方は新潟県へどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加


清原が覚せい剤取締法違反容疑でもし罪に問われるなら、そして、直して再起するなら佐渡か越後に流罪はいかが?!というお話し。

佐渡と越後、新潟県です。

ruzai

地図は地理院地図電子国土Webを利用させていただいています。

スポンサードリンク

平安の昔から政治・宗教・芸能関係で中央政府に不適合な人々が佐渡や越後に流されました。

辺境ではありますが、当時の日本という統治機能の北限くらいに位置していました。

ですので永久追放では無く、流人が頭を冷やすと帰ることが出来たのです。

 

それどころか中央の文化から遠い佐渡や越後はむしろ逆の文明国だったようで、中央で政治・宗教・芸能で不適格とされた人達が佐渡・越後で力をつけて日本を変える人物にもなっていったのです。

浄土真宗親鸞様(本願寺です)、日蓮宗日蓮等の大宗教家、能楽を築いた世阿弥(佐渡には驚くべき数の能舞台が有る)これらはみな佐渡・越後に流罪となり越後・佐渡で思想を磨きあげ日本を変えてゆきました。

宗教と言えば、日本で最も神社の数が多いのは新潟県だそうです。それも圧倒的に2位以下を離して。

日本の中でも変わった地ですよね。だから、ほかでうまくゆかなかった人にはピッタリな地なのかもです。(移住してね)

 

で、現代でも佐渡・越後は再生の場です。

Jリーグが大都市周辺かサッカーが盛んな地のスポーツと思われていた時。スポーツ不毛の地とされていた新潟県のJリーグチームが毎試合4万人のスタジアムを満員にさせた。プロスポーツがファンもいないんじゃないかと思われた地方都市で成り立つことを明らかにしました。

バスケットボールリーグが前近代的でプロ化の約束も守れない中、埼玉と共に立ち上がったのが新潟。Bjリーグを生み全国に広がりプロバスケットボールの花を全国に咲かせ、ついには統一のリーグまでこぎつけました。

 

プロ野球が危機に瀕した時に新潟を発起とした独立リーグBCリーグがスタートし、野球観戦文化を広げました。BCリーグは日本プロ野球にも選手を送り込んでいます。職業野球というだけだったものが文化として日本の野球ファンの日常に入ってゆくという奇跡が起きたのです。

 

そうです、清原が更生する気になるならは佐渡か越後に流してほしいですね。

刺青は良くないですが入れ墨をした無宿物がいた佐渡衆に聞いてみましょう。良し悪しを。

 

刺青も、覚せい剤も弱さ・寂しさの証。

もう強がらなくてもいいんです。

佐渡と・越後でゆっくりと癒して、また中央に打って出てください。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA