山古志の山の頂上には何かある、スタジアムもあったけど今度は展望風呂?

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、山古志の山の頂上に闘牛場があるのを紹介しましたが

実在!天に近い山頂のスタジアム、山古志闘牛場

 

今度はそのさらに奥地、種芋原の山の頂上尼谷池を紹介。

gaikan

スポンサードリンク

 

 

山古志地域で最も大きい集落の一つ種芋原の上にある広い山頂で

amayachi

 

冬には古志の火まつりが開催される場所です。

左奥の大きなサイノカミが燃えます。

手前の円形は雪中闘牛場、右奥は物産テント、赤い場所はステージです。

これ3月なんですが雪の分厚さが凄い。

P1010602_R

ここ附近の最も高い場所にあまやち会館が有り

あまやち会館は入浴と食事と宿泊が出来る施設です。

山の頂上(奥にはさらに高い山も有りますが小山の頂上)からのパノラマ風呂が楽しめます。

温泉ではないですが、効用のある石が入っているらしいです。

ohuro11

 

で、尼谷池は山頂の池、おそらく溜池なのでしょうが伝説が残っているようです。

ike

伝説は近いうちに紹介します。

ということで、山古志は山頂まで利用されている地域なのです。

 

—以下、関連本やグッズ—

 山古志

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA