妙高赤倉温泉の外国人経営旅館・ホテル、妙高のインバウンド・外国人観光客(オーストラリア)の伸長

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK新潟の「金よう夜 きらっと新潟」で「オーナーは外国人~変わるスノーリゾート・妙高~」が放送された。

番組案内から一部引用

・温泉とスキーで知られる妙高市・赤倉では外国人がホテルを次々と開業。外国人観光客のニーズをとらえたサービスで経営を軌道に乗せている。…

 とても興味深い内容だったので赤倉温泉の外国人経営の旅館・ホテルがどんな情報発信をしているのかネットで調べてみた。

  1. 英語で発信している赤倉の旅館・ホテル・ロッジをピックアップ
  2. その他妙高関連宿泊施設英語サイト一覧
  3. 新潟県がインバウンドの状況を発表していました。

という順番でいきます。

 

1、英語で発信している赤倉の旅館・ホテル・ロッジをピックアップ

hotelmyosen

hotelmyosen




 

Booking.com(英語)

Booking.com(日本語)

Hotel Myosen (Myoko City, Niigata:snowjapan.com)

facebook・・・日本語・英語で書きこまれています。

 

 

red-warehouse(赤の蔵)

red

Booking.com(日本語)

facebook・・・日本語・英語で書きこまれています。

ツイッター・・・英語

 

 ★Myoko Powder Hostel

ps

Booking.com(日本語)

facebook・・・動画が多いです。

・ツイッター・・・#myokopowderhostel

 

2、その他妙高関連宿泊施設英語サイト一覧

 ★Accommodation in the Myoko (Niigata) area (snowjapan.com)

  • Akakura Central Hotel
  • Hotel Kofukan
  • Hotel Windsor
  • Kogakuro
  • Morino Lodge Myoko
  • Rental Cottage Greenbell Myoko

 NHKによると赤倉温泉には外国人経営が十数件あるとか、妙高全体だと20件以上とか。

 

やはり、オーストラリア人が多いようです。オーストラリア大陸は平たんな大陸、高低差のあるスキー場が少ないそうです。

そこで時差の少ない日本にやってくるのだそうで、妙高高原は近年人気が高まっているそうです。

 

3、新潟県がインバウンドの状況を発表していました。

 ★平成27年度本県外国人宿泊数調査結果(新潟県)

内容を拝見すると、新潟県全体 188,624人 うちオーストラリア人は32,285人(前年比46.3%増)、妙高のある上越地区は41,099人で前年比33.1%増だそうです。

 

すごいですね。オーストラリア人はほとんどが上越地区へ行っていますし、上越地区のお得意様も圧倒的にオーストラリア人です。妙高市だけで 37,836 人泊とのこと。(連泊もありますので観光客数より多くなります)

オーストラリア人が見つけた妙高の魅力、それは何なのか?

どうやら、政府などの努力も有ったようです。

国土交通省観光庁の戦略!白馬・妙高・志賀+野沢のインバウンド、特にオーストラリア人の激増

 

妙高にオーストラリア人が急にやってくるようになった魅力は何かはまた。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA