勝つためにここに来た!真田丸最終回とCWC決勝の真田対徳川と鹿島対レアルが赤白・鹿の角、戦況もシンクロ

このエントリーをはてなブックマークに追加

真田丸では徳川家康をあと一歩まで追い込んだ豊臣軍が一つのできごとで崩されてゆく・・・。

クラブワールドカップ決勝でも逆転してあと一歩までレアル・マドリッドを追い込んだ鹿島アントラーズが延長にて力尽きる。

この流れでツイッター上が盛り上がりました。

togetteはあとで紹介します。

sanada




 

赤備えの鎧兜の真田軍、今大会初めて赤いユニホームにした(過去3戦は白ユニフォーム)鹿島アントラーズ、対象真田幸村の兜には鹿の角、鹿島アントラーズのアントラーは鹿の角、旗印にも鹿。

圧倒的な戦力を持つ徳川軍の家康は白い陣羽織、世界最強のサッカークラブ、レアル・マドリードもその晩は白いユニフォーム。

 

 

面白いツイートをいくつかアップします。

鹿島が逆転・真田幸村が追い込んでさすがの徳川家康ももはやこれまでと意気消沈の流れ

 

同じJリーグ勢も観ていたでしょう。

 

 

伊達正宗と上杉景勝がいい味出していますね。

 

真田と鹿島の心意気

 




 

まさにシンクロした、強者に勝つための赤備えの戦いでした。

こういう事もあるのですね、まさか鹿島が決勝に進出するなんて。

 

最後にtogetter 貼っておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA