全国の流刑地を調べてみた(伊豆は凄い)。さらに佐渡と越後に流罪になった人を調査。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Wikipediaの「流罪」に主な流人リストが有りましたので、その人数(有名な流刑人)をあげます。

それから北国の流刑地佐渡と越後を見てみます。

  1. 全国の主な流刑地と流刑者
  2. 佐渡の流刑者
  3. 越後の流刑者

Wikipediaには、

全国が書かれていましたので、わかり易く5人以上の国を挙げてみます。

さらにその中で飛び切りの有名人の名前をあげておきます(私の主観)

 

1、全国の主な流刑地。有名人5人以上もしくは有名流刑者の地をピックアップ

出羽国2人・・・沢庵宗彭

越後5人・・・親鸞

佐渡15人・・・順徳上皇日蓮世阿弥

常陸8人・・・

伊豆34人・・・源頼朝日蓮役小角宇喜多秀家

甲斐5人・・・

越前5人・・・

紀伊国・・・真田信繁

讃岐3人・・・崇徳上皇法然

隠岐14人・・・後鳥羽上皇後醍醐天皇

阿波7人・・・

伊予5人・・・

土佐23人・・・法然

薩摩9人・・・

 沖永良部島・・・西郷隆盛

 rukei

※地図は地理院地図 電子国土Webから




 伊豆って凄いですね、陸続きでしかも隔離・管理しやすかったのでしょうか。

半島の根元がぎゅっと狭まっていますからね。

近くの房総半島は根本が広すぎますから向かなかったのかな?

能登も理想的な気がしますが流罪者は少ないようです。

 

さて、北国の流刑地 佐渡と越後を細かく見てみましょう。

 

2、佐渡の流刑者

越後を通って佐渡のゆきますから、多くの流人は越後にも足跡を残しています。

流人はどのような影響を佐渡・越後に与えた可能性があるのか

文覚上人(もんがくしょうにん)・・・平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・真言宗の僧

順徳上皇(じゅんとくじょうこう)・・・鎌倉時代の第84代天皇、承久の変(1221)で24歳の若さで配流

日蓮聖人(にちれんしょうにん)・・・鎌倉時代の仏教の僧。鎌倉仏教の十三宗のひとつ日蓮宗 (法華宗) の宗祖。「立正安国論」が鎌倉幕府の怒りに触れ、文永8年(1271)に配流

京極為兼(きょうごくためかね)・・・鎌倉時代後期の公卿・歌人。、持明院統側公家として皇統の迭立に関与したことから、永仁6年(1298年)に佐渡国に配流

日野資朝(ひのすけとも)・・・鎌倉時代後期の公卿。権大納言・日野俊光の次男。鎌倉幕府の朝廷監視機関である六波羅探題に倒幕計画が察知され、日野俊基らとともに捕縛されて鎌倉へ送られ、佐渡島へ流罪。

世阿弥(ぜあみ)・・・父の観阿弥(觀阿彌陀佛)とともに猿楽(申楽とも。現在の能)を大成し、多くの書を残す。観阿弥、世阿弥の能は観世流として現代に受け継がれている。

小倉実起(おぐらさねおき)・・・江戸時代初期の公卿。勅命違反として息子の公連・季伴と共に佐渡に流罪となった(小倉事件)

 

 

3、越後の流刑者

源成雅(みなもと の なりまさ)・・・平安時代後期の公家。保元の乱の際には、頼長とともに崇徳上皇方に参加する。上皇方が後白河天皇方に敗れると、出家(法名は蓮浄)し恭順の意を示すが、赦されず越後国に配流

 

親鸞聖人(しんらんしょうにん)・・・鎌倉時代前半から中期にかけての日本の僧。浄土真宗の宗祖とされる。法然ひきいる吉水教団が既存仏教教団より弾圧され、後鳥羽上皇によって専修念仏の停止(ちょうじ)と、法然の門弟4人の死罪、法然と親鸞ら中心的な門弟7人が流罪となった承元の法難にて親鸞は越後国国府(現、新潟県上越市)に配流。

親鸞聖人は越後に大きな足跡を残されている。

  • 御上陸の地・・・聖人は関東へ向かわれるまでの約7年間を越後で過ごされました。  恵信尼公との結婚、そして越後での生活は、親鸞聖人の思想に深く影響しているとされています。
  • 七不思議・・・新潟市付近の親鸞様七不思議
  • ご旧跡めぐり・・・阿賀野市周辺に多い

 

 今出川 晴季(いまでがわ はるすえ)・・・戦国時代から江戸時代前期にかけての公卿。秀吉に関白任官を持ちかけて朝廷との調整役を務めたのが晴季。豊臣秀次に嫁がせていたため、文禄4年(1595年)8月に秀次が謀反の疑いで自害を命じられ、晴季もこれに連座して越後国に流罪となった。

 

 以上、国政・中央で超一流の人物が佐渡や越後にやって来たのです。

佐渡や越後の人達は大いに興奮・お話を聞き勉強をしようとしたことに違い有りません。

 流罪という仕組みは興味深いです。

 

調べたい方は

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA