プロ野球交流戦、パ・リーグがなぜ強い?セ・リーグはなぜ弱い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議です。

ドラフトでやっているし、トレードやフリーエージェントでかなり均等だと思うのですが。

巨人には有名選手が集まるとはいえ、毎年優勝しているわけでもない。

パリーグはむしろ、ものすごい選手が次々とアメリカ大リーグに行ってしまって戦力ダウンしている気がするんですが。

とにかく、何があろうとずつとパリーグが勝っているわけなんです。

どうしてなのかネット上の解説を探して主張を整理・リンクしました。

 

解説者7人が見た交流戦「なぜセ・リーグはここまで弱いのか」:sportiva

(島村誠也●文  牛島寿人●写真)

01

スポンサードリンク

11年目を迎える交流戦だが、パ・リーグが負け越したのは一度だけ。今季はセ・リーグの強い要望で1カード2連戦の24試合制から、1カード3連戦の18試合制に変更。
試合数が減ったことで「セ・パの差」はなくなるのではないかと・・・
だが、いざフタを開けてみればパ・リーグの圧勝・・・

パワーのないセ・リーグの投手は・・・

思い切り振ってくる打者の方がはるかに怖い・・・

ボールの勢いが全然・・

中田のようなスラッガーを・・・

パ・リーグは同点じゃなく逆転して・・・

交流戦の撤廃、試合数の削減などを要求する前に、・・・

 

面白いです、読んでみてください。Web Sportiva

 

交流戦が「混セ」を演出 なぜ伝統的にパ・リーグが強いのか:full-count

02

ソフトバンクが最高勝率で、5位までをパが独占。・・・

セ・リーグ球団にはDH制の使い方などに・・・

地域密着を掲げるパ・リーグの本拠地にファンが集まり、スター選手も次々と・・・

まだ『交流戦対策』が出来てない・・・

最近のピッチャーの分業制で、後ろに何人もいる・・・

巨人が例外である理由は簡単・・・

 

戦い方ですね・・どうぞ。  full-count

 

次は2年さかのぼり2013年の記事

交流戦、セ・リーグはなぜこんなに弱いのか:日本経済新聞

ダイヤモンドの人間学(広澤克実)

 nikkei

結局は60勝80敗4分けと、セ・リーグが大きく負け越した。・・・

「組織のセ」を「個のパ」が打ち破ってきたのが、・・・

阪神や巨人が求める「3拍子そろった選手」が本当にいいのかどうか・・・

ボールを遠くに飛ばす才能はそうそう転がっているものではない。・・・

セ・リーグが「3拍子信仰」を捨てない限り、個性があふれ・・・

 

さすが日経ですね。 nikkei.com

 

最後に、さらにさかのぼって2010年の交流戦の記事

監督、選手の言葉で徹底検証。セよりパが強い「本当の理由」。:number

text by村瀬秀信

04

巨人に特別な感情を抱いていたのは僕らの世代まで・・・

もはや「人気のセ・実力のパ」の時代ではない。・・・

対策はしているが技術的に追いつかない・・・

報復を恐れずに“脅す内角”を使える。・・・

パは3、4、5番だけではなく・・・

逆にセの場合、狭い球場にスイングを合わせて振っているように・・・

 2010年時点の分析、興味深いです。numberへ

 

球場とDH制の違いと関係者は感じているようです。

同じ日本野球でも器とルールが違えば違う野球になるのはしょうがないでしょうか。

関連まとめ:ソフトバンクホークスはなぜ強いのか、それは育成と3軍制、ほぼ大リーグ並みの体制だから

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA