ものぐさおじさんにも簡単、絶対作れるおいしい野菜、ラディッシュ(二十日大根)

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも簡単に本当においしく食べられる野菜作りが出来るお話し。

男ってとにかくやって見たくなるでしょ。

プランターでもミニ畑でも作れちゃうラディッシュ栽培体験のお話しです。

 

最近、野菜をガンガン食べているが

最近、野菜をガンガン食べている。

簡単なつまみやおかずを作ることに楽しみを覚えた身として手間のかからない野菜を買ってきては鍋やフライパンに投げ込んでいます。

近くにスーパーや野菜直売所まであって何でも安く手に入れられるのですが、男は困った生き物で、やがて自分でも作って見たくなるのは病気ですね。

 

自分で作りたくなるよね。

猫の額型畑」で野菜作りやって、実際に収穫して料理して食べた体験。

(プランターで作るのがいいよ、という野菜だったのですが「額」が有ったので無理やり地に植えました。)

まあ、私みたいなものでも出来たので誰でもできるでしょ。

 

初年度はラディッシュ(二十日大根:wikipedia)です。

この野菜、超簡単ですね。種を植えればぼこぼこ芽が出てきて葉をのばしあっというまに(20日・3週間くらい)大根になります。

写真のようにまるで適当な畝を作って少し穴をあけコメリで買ってきた種をパラリパラリと撒いて土をかけて、あとはひたすら水をくれただけ。

プランター用の土が余っていたので土に少し混ぜてあるだけです。

数日後に目が出てあれよあれよと成長。

茎が赤くなったりしてきて大根になってゆきます。

少しすると土から小さな大根の頭が出ますので、それに土をかけてやります。

それを繰り返してころあいを見て収穫です。

 

葉も食べて大丈夫?

実は私は大根菜が大好物。

「あの味、あの歯触りがたまらない。」

ですが、ラディッシュの葉は食べても良いのだろうか

 

全くそういう野菜の知識がないのでネットで検索したら、ちゃんとラディッシュの葉を入れたレシピがありました。

生で食べても良いそうです、やったねラッキー。安心して食べました。

この時はおひたしと浅漬けで攻めさせていだきました。うま~。(上の写真がそれです。)

 

さあ、こんなもんで大根を楽しめるのです。

 

種と水 ほぼこれだけでなんとかしてくれます。

二十日大根は偉い

で、もし失敗してもまた、二十日を始めればよいだけで失敗を取り返せるのです。

 

あなたにおすすめ、ラディッシュ・二十日大根でした。

 

★凄いのがありました、ミニ水耕菜園キット

子供達は絶対喜びます。

「安心・安全無農薬、摘みたての新鮮野菜の美味しさを食卓に」とのこと。

水耕栽培というのも素晴らしい

●ミニ水耕菜園キットRA ラディッシュ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA