斎藤一人さんの金言 ビジネス実践重点編

このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人さんの著作の中から今実際の仕事に役立つものをいくつか

書籍は

斎藤一人さんの書籍へのリンク

 saitou

  • 今、自分がやっている仕事を嫌になるぐらいやるの。そうすると、そこに“自分が生きる道”みたいなのが必ず見えてくる。
  • 向いていないことをすると、三倍の努力をして、三分の一の成果しかない、反対に、向いていることをやると、三分の一の努力で、三倍の成果が上がる。
  • イヤな仕事があっても、どうしたら面白くやれるかと、わたしはいつも考えてやっているんです。
  • サラリーマンにとってのお客さんは、勤めている会社の社長です。だから、社長に喜ばれるようなことに投資するんです。
  • 自分の才能に頼らない。成功している人を見て、成功しているものを勉強させてもらう。
  • 運が良くなってくると、ともかく頼まれごとが増えるようになる。
  • この世の道理:微差が大差を生むのです。笑顔だったり、言うことが肯定的だったり、着ているものが華やかだったりするだけで、この微差が掛け算になってくるのです。
  • 加速の法則:コツコツやってると加速がついてお金もたまりだすし、協力者もでてくる。ちょっと地味なようだけど、一からコツコツやる。それが遅いようで、成功の一番の近道。加速がつくと、驚くほど速くなる。あの加速がついてきたときのスピード感
  • 人の心が読めないのは鈍感だからではなく、人に対する配慮がないだけです。
  • 不安はなくならないんです。人間というものは不思議なもので、不安があるのが普通だと思うと、意外に不安がなくなるものなんです。
  • お金は、「この人は本当に私のことを大切にしてくれているんだ」と思える人のところに流れていきます。お金にきちんと礼を尽くさないと、お金が入ってこないんです。
  • うまくいかないのは、「何かを変えなさい」というメッセージ。間違った道を歩いていると、次々と新しい困難がやってくる。
  • 商人は、断られるのが仕事なんです。感じよく言って、感じよく断られる。そうやって、何回も何回も断られるのが仕事なのです。
  • 最大の才能は、人に勝つことではなくて、人に好かれること
  • 成功するためには、「楽しくて、楽しくて、しょうがない」というストーリーを考えなくてはなりません。
  • できないことはできない、ということが正しいんですよ。だから、自分ができないことはやらない。それが得意な人がやればいい。

 

 これならできますね、^^

詳しく知りたい方はページトップの斎藤一人さんの書籍の読者の感想を。

良ければ購入して学習ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA