京風と和風について、京風注意報や和風マクダニエルで考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京風注意報というものを聞いた事が有ると思います

 

京風とは何か

コトバンクさんに聞いてみます。

 きょう‐ふう〔キヤウ‐〕【京風】

 二つの意味があり

「京都人の好みややり方の事」

「洗練・優雅なようす」

 らしいです。

 

と、いうことは

スポンサードリンク

 

 

 

 

京風注意報とは

注意報まで発令される状態なので「京都の好みややり方がのさばってきたから気をつけてね」というような意味合いかと思います。

 

では、関連用語も考えてみましょう。

京風ハロー注意報

「ハロー」は 「こんにちわ」のこと。

京都弁で「こんにちは」は「ん」の部分がアクセントになって上がるそうです。

にちわ とでも書いた方が良いでしょうか。

この「こちわ」が乱れ飛ぶ一日になりそうだという注意報ですね、おそらく。

耳がどうかなりそうです、人によっては具合が悪くなる恐れが・・・。

そういうことで注意報が発令されているものと思われます。

で、なぜ「京風こんにちわ注意報」と言わずに「京風ハロー注意報」と呼ぶのか。

これは様々なページを覗いてみても解りませんでした。

ご存知の方は教えてください。

 

同じ注意報でも京風以外もあります。

着席注意報

着雪注意報とよく間違えられる)

 着席の時に気を付けるとしたら、画びょうが置かれているとか、ブーブークッションが仕掛けられているとかが考えられます。

 または、座る寸前にイスが引かれて尻もちをついてしまうとか。

主に雪国でこの着席注意報は発令されるようなので、冬場室内で遊ぶしかない人々が考案した物と思われ、いたずらが起きそうな日に着席注意報が発令しているものと思われる。

 

 で、京風に対抗して和風にこだわる路線がかつてありました。

和風マクダニエル

 プロレスラーなのですが外国人なので和風をカタカナにして

ワフー・マクダニエルと名乗り戦っていました。

ワフーマクダニエル(Wikipedia)

 自身の出自であるインディアン・スタイルで活躍。ラフファイトにも強いベビーフェイスとして絶大な人気を誇った。日本では「狼酋長」の異名を持つ。

モンゴロイドのインディアンの血が和風と目されたのかそのほかの理由があったのか不明ですが「狼酋長」という和風な異名がある事自体、彼が和風マクダニエルであることを証明しているのではないかと思われる。

 

以上、奥深い京風と和風の考察でした。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA