外国の考え方・価値観を知ることができる海外メディアの日本語のサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

外国の報道はどうなっているのか。日本が正しいとか、外国が正しいとかはありません。

日本と外国の報道を比べてみて初めて真実が見えるかもです。

ただし、人それぞれですので、同じ記事に囲まれても当然見方は異なってきます。

日本語で読めるサイトを見て、比べて、自分で判断しましょう。

日本語で読めるサイトを紹介します。

  1. AFPBB News
  2. BBCニュース
  3. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
  4. ロイター通信

国際ニュース:AFPBB News

AFP

世界三大通信社(AFP、AP、Reuters)のひとつ

 

AFP通信(Agence France-Presse)は、1835 年グローバル・ジャーナリズムの父といわれている Charles-Louis Havas(シャルル-ルイ・アバス)によって、パリに創立された Agence Havas(アジャンス・アバス)を前身とする、世界で最も長い歴史を持つ通信社です。

項目: 新着、ニュース、環境・サイエンス 、ライフスタイル 、スポーツ、動画、こぼれ話、時計、ランキング

 

BBCニュース

BBC

BBC(British Broadcasting Corporation/英国放送協会)は、
イギリス国内および海外に放送サービスを提供する目的で1922年に設立された公共放送局です。

項目: 読み物・解説、ビデオ、ワールドニュースTV、BBC News

スポンサードリンク

 

 

 

 

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

WALL

ダウ・ジョーンズ&カンパニーはニューズ・コーポレーションのグループ会社で、グローバルニュースとビジネス情報を、テクノロジーを駆使して様々なプラットフォームへ提供する代表的なメディア企業です。

項目: 経済、マーケット、ビジネス、テクノロジー、国際、国内、オピニオン・社説、ライフ

 

エコノミスト

 

ロイター通信

REUTERS

国際ニュース通信社ロイターのウェブサイトです。世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。

項目: マーケット、外国為替、株式市場、ニュース、経済・政策、ワールド、企業・産業、オピニオン、ライフ、
写真、ビデオ

 

外国からの見方も大事です。

見方がかなり違う場合が有りますし、

日本では報道されない事が大きな記事になっていたり

逆に、日本では報道されているのに外国では報道されていない事

様々な事が有るようです。

人間が仲立ちとなって伝える訳ですから何らかのフィルターはかかるものと思います。

見比べてそれぞれが判断するのが一番だと思います。

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA