要約・分析・突っ込み 「中越地震の経験を熊本支援などに役立てて」―金子恵美議員 離婚しない宣言の影で中越貴重提言

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊誌SPA!の記事(不倫夫との離婚はしない)の出たころ

 

提言書を5月25日、菅義偉官房長官に提出との報せもネット上にありました。

 

5月31日は例の不倫旦那との離婚を否定、二人で前に進むことを表明した週刊誌「SPA!」の発売日

 

 kaneko

スポンサードリンク

 

 

で、違ったらホント申し訳ないのですが、簡潔で分かり易い提言なので、党派を超えた防災の参考になりそうです。

 

 せっかくの素晴らしい提言をもっと簡潔にしてみます。この提言は中越から見て極めて大事なものだから・・・。

 

 以下です。

災害時対応に関する提言

新潟県は防災減災知識・技術蓄積している。
それを基に活躍する官民一体ユニット「チーム中越」は好事例。
この経験則の共有・助け合いの重要性から提言する。

1、もと被災地(過去の被災地のことかと)行政による被災地支援の重要性
過去の被災地の自治体の災害体験者は即戦力

2、官民一体ユニットの構築と活用
行政実務、支援者との仲介が出来る団体、企業・青年会議所等が集まり物資支援の果てまで力を発揮。
日常に置ける信頼関係が築かれている。

3、災害時広報の標準化
SNS活用に大きな格差が生じている。標準化と好事例の共有を求めたい。

4、実用的な災害対応マニュアルに関するガイドライン作成
実際に活用できるマニュアル、ガイドラインの作成を

5、被災位の虐待、DV、離婚率、性犯罪等の実態調査
実際は平時と変わらないということだがきちんと調査してほしい。

6、要配慮者が避難しやすい避難所づくり
特別な配慮が必要な人々の遠慮への配慮。

大事な事が簡潔に書かれていました。

くどいですが素晴らしかったです。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA