仕掛けて起きた地域化学反応、聖地巡礼まで、そして地域参画・地域創生へ 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

その1よりの続き

地域活性化、地域創生、ほか過疎対策からコミュニティビジネスまで様々なお話が有りますが、これは実際に長岡市の越路地域で起きた事と起きつつあることです。

つまり私たちは奇跡的にうまくいった土台を基に次に行かなくてはならないのです。

その点は・・・、このままでも良いという考え方ともっと先という考え方が有ると思いますが。

とりあえず、今回うまくいった点を「その一」の続きとして見てゆきましょう。

P1090716

 

長谷川邸再建300周年のイベントの当日長岡駅からです。

 

ムード満点! ・・・現地に張り切って行ったのに現地は全く盛り上がっていないのは超がっかりの世界、皆さんも経験はあるでしょう。 長岡はちゃんとやるべきことはやっています。

 

スポンサードリンク

ついに由太郎くんに会えた ・・・実際にその駅に降りるというファンの冥利^^

 

蒼紫神社を押さえる方 ・・・やはり当日来られた方も蒼紫神社を攻められています。四乃森蒼紫って人気なんですね。

 

四乃森蒼紫 ・・・既に長谷川邸に着いた方も

https://twitter.com/droptype00/status/746497325984423936

 

そのころ更に ・・・もうお一方も蒼紫神社へ・・・

 

有難いお言葉も ・・・パワースポット感だそうです、やったね。

 

アオーレ ・・・長岡市中心部の歴史が

蒼紫はつづく ・・・

山本五十六 ・・・やはりここと河井継之助は時間を見て押さえたいポイントですね。

 

長谷川邸の門 ・・・そして続々と長岡から信越線に乗って塚山駅を降りて長谷川邸へ

んんん、長岡駅周辺から塚山駅までこんなにかかるなんて。長岡駅周辺、やはり見どころありますね(蒼紫神社まで含めて)。お気軽コースが必要ですね。

また、駅名も前川宮内—来迎寺—(越後岩塚)—塚山 と、登場人物絡みの駅名だらけ。このへんも聖地として見るとき工夫できそうですね。

というところで、感動のイベントはまたこのあとで。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA