柏崎と長岡・小千谷とを繋ぐ謎の峠探索、北国と三国街道を繋ぐ薬師峠周辺が楽しめた

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏崎から小千谷や長岡に抜ける道。

海抜が低く、地形的にも馬や荷車が通れる峠。

今で言う二桁・三桁国道クラス(17号や116号・117号)かその下の県道あたりだったようです。

柏崎を通る北国街道と小千谷・長岡を通る三国街道を繋ぐ幹線のだったのではないかと思います。

小千谷へは北条→広田峠→塚山宿→鷺の島との境の峠道→薬師峠→山谷→小千谷だったのでは

長岡へは北条→広田峠→塚山宿→池の平→越路原の最鞍部周辺→片貝寺町→池津→川船で一気に長岡柿川の河戸まで

だったのではないか。と思われます。

鉄道ができ、自動車の走れる道が出来るまでは整備され機能していたと思われます。

確か道の整備や公の行軍の峠越え等に馬や荷役は地元負担、一つの税みたいなものだったような記憶。

 

で、なぜ私が歩くのか、以前脳出血でバランス感覚が少しやられていまして、たまに歩いて脚力・歩行力を高めないとうまくないですが、こういう歴史街道趣味に結びつけると、実に楽しい。そういう訳で歩きます。

山道や、道探索で降りたりする雑木林の斜面、これ脳やバランス機関に絶対いいです。

 その他の疾患で歩かなくてはいけない人は何かの趣味に結び付けるといいですね。

私の場合は非常に助かっています。

仕方ない、峠でも歩くか(ルンルン♪)

 

珍しく雪の無い冬枯れの山野を利用して旧道を探しました。

yakushi

スポンサードリンク

 

 

 

 

徒歩A

1、車道から入ったところ、かなり尾根近くで、海抜も180mあるのに豊富な水が旧車道を流れています。

P1070674

 

2、登ってゆくとススキだらけの平地と右奥にやはりススキの丘、後にこの丘を尾根から見つけることになります。

路は途中で消えています。

路肩に堀が有ってその付近からしきりに水音が聞こえます。

水量が豊富です。

P1070677

 

3、振返って尾根方向、峠方向を見ます。携帯電話会社のアンテナらしきものが見えます。

後に尾根でこれを確認します。すぐそこまで道が来ているのに全く繋がっていません。

P1070680

 

4、広い田んぼ地帯が有ります。

ここはつい最近まで、越路町大字東谷字池の平という集落があった土地です。

日本中に多くの子孫が居ると思います。

なんかとても素敵な場所です。

その昔なら一級国道に隣接した情報も物資も便利な場所だったのでしょう。

今現在便利な場所に住んでいる方々。

あっという間に価値観は変わります。

こんなにのどかな素敵な土地に人が住まなくなります。

今便利な土地も解りませんよ。

P1070686

 

徒歩B

ガスの施設も有るし、小千谷カントリーも有るし、ものものしそうな感じがして、なおかつ地図に道はないし、ということで躊躇していたのですが「徒歩A」のがっかり感で、思い切って道に踏み込んでみました。

大正解でした。

徒歩Aの場所から車道に入って徒歩Bのルートに入ります。

 yakushi

 

 1、道に入ってガス施設前を右折して振返ってみたもの。

ここも水に濡れています。水の多い尾根のような気がします。

P1070723

 

2、少し進むと木立の向こうに枯れた色の芝生が見えます。小千谷カントリーですね。

P1070688

 

3、広田峠並み、立派な峠道のようです。

P1070697

 

3、しばらく進むと眼下に徒歩Aで見たようなススキの丘が見えました。

P1070700

 

 

4、尾根道を快適に歩いてゆくとこの道に出ました!

ここ、以前着た場所、山谷から登ってきた道の繋がりの終点です。

「ここに繋がっていたのか!MTBで走破可能だ!やったね」

この瞬間、柏崎の北条から広田峠を通って塚山宿を経て池の平から尾根道を渡り薬師峠を越え山谷へ降り小千谷に達する道が出来ました。徒歩でもMTBでも、その昔の街道を体験できます。

この道を長州や薩摩の兵、会津の兵が行きかっていたはずです。

 P1070702

 

 徒歩C

yakushi

さて合流点から別の道が出ています。

前に来た時も見つけていましたが保留でした、が、歩かなくてはいけません。

 

1、未知の道に、チャレンジします。

P1070704

 

2、けっこう良い峠道です。

P1070705

 

3、なんとこんなに高い所で水の音、冬枯れの景色の中で緑がいっぱい有りました。

水が高い所にある峠は大切です。人も馬ものどを潤すことができます。

こういうことも薬師峠が重要な峠だった証しだと思います。

P1070720

 

4、しばらく下ると広場に出ました。

ここから先は道が見当たりません。自然災害、がけ崩れ等で途切れたのでしょうか。

P1070713

三島郡と刈羽郡の境、北条からの広田峠と塚山宿を経て薬師峠に繋がる本道探索はこの次に・・・。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA